2014-10-20
スターライトパレード

mixiでは書いていたがこのブログができてから書いてない話があったので、書く。
安田くんちで世にも奇妙な物語を見ながら書いている。世にも奇妙な話である。

18歳で自動二輪の免許合宿に行った。なぜバイクなのかというと、車の免許を持っていて誰かに足にされたら癪だとだと思い、天邪鬼的な考えで2輪を取ろうと決めた。8日という最短日数で自動車学校を卒業したものの、その後お金が無くて本試験を受験できなかった。半年くらいして友達と受けに行き、無事、2人とも合格した。その時既に19歳の春だった。
夏になって、「よし、バイクを買うぞ」と意気込んだ。SRX400というバイクが欲しかった。Googleで検索したところ、栃木に手頃なそれがあるらしかったので、バイトが休みの日に片道2時間半掛けて向かった。
駅から徒歩10分ほどで着いたバイク屋はあまり活気は無く、中に入ると女性の店員さんが迎えてくれた。バイクを見せてもらったらボロボロだったが、購入の際各々パーツの交換などあるとの事だったので、決めてしまった。ローンを組もうとしたが、まだ未成年だったので親の承諾が必要だった。なので一旦帰り、親の承諾を得てから購入する手筈になった。
帰り際、そのバイク屋の店長が出てきて「栃木駅まで送ってってあげようか?」と言ってくれたので「ラッキー」と思いながら軽トラに乗り込んだ。これが間違いだった。
栃木駅がどこかよくわからないものの、そう遠くない事はなんとなくわかっていた。なのに店長は高速に乗りやがって、俺の股間を弄りはじめた。

_人人人人人人人人人人人_
>俺の股間を弄りはじめた<
 ̄^Y^Y^YY^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

高速に乗ってる間、ずっと俺のチンコを触ってきたのだ。
その頃既に非童貞ではあったものの、知らんおっさんに股間を触られるのは怖かったし、なにより気持ち悪かった。
話を聞いていると(向こうが一方的に話してきた)奥さんや子供もいるのだが「自分は宮本武蔵じゃないんですけどね、二刀流なんですよね~!ハッハッハ!」と言ってきた。バイのカミングアウトなのだろう。「知るか」と思った。
そのまま高速に乗る事1時間、ずっと股間を弄られていた自分はずっと冷や汗を流していた。「やめてくださいよwww」と言い続けてはいるが止める気配は無い。
俺のチンコを弄りながら「どんどん大きくなるよ~!」とか言っていた。中年のおっさんに触られて大きくなる筈がない。俺の腕を見て「日焼けがセクシーだね」と褒めてきた。全然嬉しくなかった。挙句俺の手を掴んでおっさんの股間に当てる始末だ。感じたくない感触を手に感じ、セクハラを受ける女の子ってこんな気分なのかな、とか思った。
車を止めると、その場所に駅は無かった。なぜかバイクを積む仕事をやらされた。また数十分移動して、次はSL機関車の見学をさせられた。それで終わりだったらしく、帰り際「うどんでも食べる?奢るよ」と言われたので、奢ってもらった。400円くらいだったと思う。
「会おうよ!」とか「パクってしていい?」とか言われながらメールアドレスを交換させられて、車から出るときに礼儀として「うどん、ご馳走様でした!」と言った。するとおっさんが「僕もチンコご馳走様でした!違うか!ハハッ!」と言ってきた。なんでかはわからないが死ねと思った。

また2時間半かけて家に帰り、バイクの購入手続きを取り消し、おれはおっさんのアドレスを消去した。10代最後の夏だった。

2014-10-17
クジラックス

さっきモンハンからのモンスターストライクをやってたらガス屋さんが来た。今住んでる家はインターホンが無いので、来客者はノックをする事になる。インターホンが付けられていた形跡はあるものの、もうその配線、機器に電気は通ってないらしく存在だけして意味をなさなくなっている。
そのガス屋さんだが、トントン、とノックしたあと、こちらの返事も無しにガチャリと扉を開け始めた。同居人かと思ったが昼間に帰ってくるはずもない。出迎えたら、中年のガス屋さんだった。
知り合いであればある程度寛容出来ることだが、見知らぬ、素性の知らぬ中年が勝手に家に入ってきた。近頃サスペンスやホラー映画ばかり見ていた自分にとってこの事案は恐怖でしかなかった。お前がゴキブリなら殺虫剤を撒いているところだ。
しかし「ガス屋さん」という事もあり住居に侵入する理由もしっかりあると思ったのでビクビクしながら対応した。このあと急に殴られるんじゃないかとか、急に刺されたりするんじゃないかとか、ビクビクしながら対応した。急に襲われたらフライパンで応戦しようだとか、近くにあるギターを振り回そうだとか、そういう事を考えた。
結果ガス屋さんはガス漏れ報知器だけ設置して帰っていった。随分腰の低い人だった。定期的な点検をしに来ただけだった。ヤベー奴と思ってごめん。
「5年後にまた交換しに来ますので」と告げて帰っていった。5年もいないぜ、って思いながら再びゲームをしだす俺いと哀れなり。

2014-10-16
to die

いつもしてるけど、自分の話をする。今日はなんだか一段と、自己陶酔に浸りたい気分なのでございます。

「悪の教典」という映画を見た。恐ろしく淡々と人をぶっ殺していく映画だった。救いようがなくて、中盤、アッハッハ、と笑った。
それで自分も人を殺すときは淡々と殺していくだろうなと思った。相手が抵抗してこない限りは冷静な判断をすると思う。しかし自分は蓮見(映画でめっちゃ殺してく人)のようなサイコ・キラーでは無いし、もっとも、人を殺して地位を得ようとか、富を得ようとか、罪の隠蔽を図ろうとか、そういう考えには至らない。自分はコツコツとドラクエやモンスターハンターのプレイの如く涙を流しながらレベルを上げていったりアイテムをチマチマと集めていくほうが性に合ってる。と思うのだ。

そんな事を一日中考えてたら気が滅入った。高校の同級生やらその頃からの知り合いがたくさんいるSNSで「死にたい」と呟いた。この行為自体定期的なもので、何かあると自分はすぐ「死にたい」と呟いている。もっと死にたいと思っている人なんて星の数ほどいるのに、誰かに甘えて反応を得ようとしている自分が気持ち悪い。1週間のうちに何度か「死にたい」と呟く。呟くと「自分は特別に死にたい気持ちなんだぜ」という気持ちになる。それがきっと気持ちいいんだと思う。
割とみんなスルーしてくれるのだが、たまに心配してくれる優しい人がいる。嬉しく思う時が10割。「うち来なよ」とか言ってくれたり「私が殺すまで死なないでね」とか狂気じみてはいたりするもののなんだか愛を感じる言葉を放ってくれる人がいる。自分は到底1人では生きれぬのだと悟る。

「頼っていいよ」って言われて「君は支えきれるか?」と暗黙に問う。そしてまた暗黙に了解を得た後「じゃあ、頼るね」と言って助けてもらう。この行程を経て、ようやくなんか色々軽くなる。みんなそうだと思う。

後で読み返して死にたくなるんだろうな。死のう。

菊地椋介(ギター)

短身痩躯で赤い髪の優男で左頬にある大きな十字傷が特徴である。一見朗らかで少し間の抜けた人物だが、かつては長州派維新志士で、幕末最強とまで謳われた伝説の剣客「人斬り抜刀斎」その人である。修羅さながらに殺人剣を振るい数多くの佐幕派の要人を殺害してきたが、ある不幸な事件から明治維新後は一転して「不殺(ころさず)」を誓い、流浪人(るろうに)として全国を旅し、弱き人たちのために剣を振るっていた。神谷薫との出会いや、同じ激動の時代を生き抜いた宿敵たちとの戦いを通じて、贖罪の答えと新たな時代での生き方を模索していく。

生来争い事を好まない性格だが、戦国時代に端を発する古流剣術飛天御剣流(ひてんみつるぎりゅう)の使い手で、ひとたび戦いとなれば逆刃刀という、峰と刃が逆転した刀で人智を越えた剣技を繰り出し、軍の一個大隊(当時の陸軍一個大隊は約1000?2000人)をも遥かに超える戦闘能力を発揮する。